工事保険の種類

工事保険は、建築事業・土木事業・設備事業・組立事業などに対して補償する保険です。主な内容は、工事の最中または引き渡し後のモノに対する保険、工事中における第三者への損害を補償する保険、従業員・下請けなど作業員の労災の上積み保険になります。

主な工事保険とは

大掛かりな建設現場から一人親方として働く職場まで作業状況に応じた保険がありますが、少し複雑な保険でもあります。

工事の目的物に掛ける保険

工事の目的物に掛ける保険

工事中における建設物や設備などの物的損害をカバーする保険です。建設現場(仮設置き場を含む)での火災、盗難、自然災害などによる損害に備え、建設物の完成までのリスクを軽減します。

第三者に与えた損害を補償する保険

第三者に与えた損害を補償する保険

工事現場での作業により、他者や隣接する物件に生じた損害を補償する保険です。例えば、隣接する建物への落下物による損害などをカバーします。ケースによっては、引き渡し後でも適用されます。

従業員・下請け業者のケガへの保険

従業員・下請け業者のケガへの保険

工事現場で働く従業員・アルバイト及び下請け業者等の労災に備える保険です。作業中の予期せぬ事故やケガによる治療費や休業補償を提供し、安全管理の強化と労働者の保護を目的としています。

それでは、詳しく見ていきましょう。

工事の目的物に掛ける保険

工事の目的物に掛ける保険は、工事中の建設物や設備に対する物的損害をカバーする保険です。以下に具体例を挙げて詳しく説明します。

例えば、建設中のビルや住宅の工事において、以下のようなリスクがカバーされます。

火災 工事中に発生した火災により建設物が被害を受けた場合、修繕や再建の費用を保険が補償します。
盗難 工事中に使用される資材や設備が盗まれた場合、その損失を保険が補償します。
自然災害 台風、豪雨などの自然災害によって建設物が損傷した場合、修復や再建のための費用を保険が補償します。
破損 工事中にクレーンや重機などが操作ミスや事故により建設物を破損させた場合、その修復費用を保険が補償します。
工事過程での
不測の事故
工事作業中に起きる意外な事故(例えば、足場からの落下や作業員のミスによる構造物への損傷)による修復費用や関連する損失を保険が保証します。

このように、工事の進行中に発生するさまざまなリスクに対して、工事の目的物に掛ける保険が保護を提供し、建設プロジェクトを安全かつ円滑に進める支援をします。

工事の分類は以下となっています。※解体工事専業の場合は一部条件がございます。

建築 土木 組立
  • 建築一式工事
  • 大工工事
  • 左官工事
  • 屋根工事
  • タイル・れんが・ブロック工事
  • 板金工事
  • 塗装工事
  • 防水工事
  • 内装仕上工事
  • 建具工事
  • 土木一式工事
  • とび・土木・コンクリート工事
  • 舗装工事
  • しゅんせつ工事
  • 造園工事
  • さく井工事
  • 石工事
  • 電気工事
  • 管工事
  • 鋼構造物工事
  • 鉄筋工事
  • ガラス工事
  • 機械器具設置工事
  • 熱絶縁工事
  • 電気通信工事
  • 水道施設工事
  • 消防施設工事
  • 清掃施設工事

第三者に与えた損害を補償する保険

工事現場での作業中や工事に関連する活動中に、第三者に傷害や物的損害を与えた場合に、その賠償責任を負うことがあります。第三者賠償責任保険は、そのような場合に発生する賠償金や訴訟費用を補償します。この保険は、企業の財務的なリスクを軽減し、工事の進行を円滑にするために重要です。

事例1:足場の崩落

工事保険 足場の崩落
  • 概要:工事現場での足場が崩落し、近隣を歩いていた通行人に怪我を負わせた。
  • 支払い:通行人の治療費、慰謝料、およびその他の関連費用など。

事例2: 建築材料の落下

工事保険 建築材料の落下
  • 概要:高所から建築材料が落下し、下に停めてあった一般車両に損害を与えた。
  • 支払い: 車両の修理費用および損害賠償など。

事例3: 水漏れ事故

工事保険 水漏れ事故
  • 概要:工事中の配管ミスにより、隣接する建物に水漏れが発生し、内部設備に被害を与えた。
  • 支払い:被害を受けた設備の修理費用および関連する損害賠償など。

事例4: 借用機械の損壊

工事保険 借用機械の損壊
  • 概要:工事現場内で建築工事のために借用した建設用機械を壊してしまった。
  • 支払い: 建設用機械の修理費など。

事例5: その他の事故

工事保険 その他の事故
  • 概要:管理状況が悪く、資材置き場に子どもが立ち入りケガをした。
  • 支払い:治療費、慰謝料など。

従業員・アルバイト・下請け業者のケガへの保険

安全性の確保

工事現場は高リスクな環境であり、従業員やアルバイト、下請け業者がケガをする可能性が高いです。保険に加入することで、万が一の際にも迅速に適切な治療を受けられます。

企業の財務リスク軽減

ケガによる治療費や休業補償は企業にとって大きな負担となります。保険によりこれらの費用をカバーすることで、企業の財務的安定を保てます。

ケガへの保険の強み

保険金は政府労働保険の認定を待たずにお支払いします。また、工事業の場合は経営事項審査(W1)で15ポイントの加点が可能です。

従業員の安心感

保険があることで従業員や下請け業者は安心して働ける環境が整います。これにより士気が向上し、生産性も向上します。

企業イメージの向上

労働者の安全に配慮する企業は信頼性が高まり、顧客やパートナーからの評価も向上します。

リクルートと維持管理の容易化

保険加入により、企業は優秀な人材を引きつけやすくなります。また、既存の従業員や下請け業者が長期的に安心して働き続ける環境を提供できるため、離職率の低下や人材の定着が期待できます。

事例1: 転落事故

工事保険 転落事故
  • 概要:建設現場で高所作業を行っていた従業員が足を滑らせて転落し、骨折を負った。
  • 保険の利用:治療費および休業中の休業補償。

事例2: 重機の操作ミス

工事保険 重機の操作ミス
  • 概要:アルバイトがフォークリフトを操作中に操作ミスを起こし、自身の足を重機に巻き込まれた。
  • 保険の利用:手術費用、入院費用、および休業補償。

事例3: 作業工具の事故

工事保険 作業工具の事故
  • 概要:下請け業者が電動工具を使用中に手を負傷し、指を切断する大怪我を負った。
  • 保険の利用:緊急手術費用、入院費用、および休業補償。

事例4: 配管工事中のガス漏れ

工事保険 配管工事中のガス漏れ
  • 概要:配管工事中にガス管が破損し、下請け業者がガス中毒で入院した。
  • 保険の利用:治療費、入院費、および休業補償。

事例5: 落下物による頭部外傷

工事保険 落下物による頭部外傷
  • 概要:工事現場で作業中に上階から工具が落下し、従業員の頭部に直撃して外傷を負った。
  • 保険の利用:救急治療費、CTスキャン費用、入院費用、および休業中の休業補償。

これらの事例は、工事現場で発生し得る具体的なケガの例です。従業員や下請け業者に対する適切な保険に加入することで、企業は予期せぬ事故に対処し、労働者の安全と健康を守ることができます。

ご相談やご依頼など

ご契約までは無料!今すぐご相談ください!
建設保険・工事保険を知り尽くした建設業専任のスペシャリストが、
わかりやすく丁寧にご説明いたします!

このページは概要を説明したものです。
詳しい内容については、
取扱代理店または引受保険会社までお問い合わせください。